眼科(専門外来)のご紹介

眼科の専門外来の
ご案内
毎月1回(金曜日。詳しくはお問い合わせください。)
獣医師紹介
獣医師:寺門 邦彦 先生(獣医学博士)
出身校:麻布大学
所属:比較眼科学会、獣医眼科学専門医、相模原どうぶつ医療センター
ご挨拶:眼の病気のサインは日常生活でも発見しやすいです。
眼が赤い(充血している)、眼脂が出る、眼が見えにくいなどは眼の病気を疑う大事な症状です。
これらの症状を示す眼の病気には、治療開始が遅れると失明してしまうこともあります。
動物にとっても失明は大変なストレスであり、日常生活の質を極端に下げてしまいます。
いつまでも大好きな飼い主様を見ていられるように、お手伝いしていきたいと思います。
お気軽にご相談ください。
眼科でよく見られる
症状
・目やにが出る
・目を痒そうにする
・目が赤い
・目が白く濁っている

このような症状が見られる際には、お早めにご来院ください。
早期発見・早期治療を行うことは、健康的な生活維持に効果的です。

眼科の診療範囲
日常よく遭遇する眼の症状には、充血、白濁、涙目、羞明(眼のしょぼしょぼ)などがあります。そして、眼の病気には、結膜炎、角膜炎、角膜潰瘍、ブドウ膜炎、緑内障、白内障、網膜剥離など様々あります。これらを的確に診断するには、特殊検査機器が必要となります。
当院では細隙灯顕微鏡(スリットランプ)、眼圧計、双眼倒像鏡、拡大鏡、眼科用手術器具などを導入しており、義眼挿入、チェリーアイ整復術、角膜潰瘍、角膜穿孔に対する結膜フラップ術や瞬膜フラップ術、眼瞼形成術、腫瘍摘出術を行っております。

充血がある場合は結膜炎、上強膜炎、角膜炎、角膜潰瘍、ブドウ膜炎、緑内障が疑われます。ペンライトによる検査、細隙灯顕微鏡を用いた検査、眼圧の測定、フルオレセイン染色による角膜潰瘍の確認を行い治療方針を決定します。

眼科で行う検査
視覚検査
眼科疾患の中には全身、他の臓器の異常が眼に現れることがあるため、元気や食欲の有無、排便や排尿に異常がないか等、全身状態の把握を行います。感染症の可能性や遺伝的(先天的)な疾患を見逃さないために予防歴の有無や種別特有の疾患を念頭に置いて検査を進めます。
眼科の病気解説と当院での治療実績
準備中
お問い合わせ方法
夕やけの丘動物病院
住所: 神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町517-25
電話番号: 045-530-9100
診療時間: 午前:9:00〜12:00、午後:16:00〜19:00
休診日: 祝日の午後
(分院)あざみの動物医療センター
住所: 神奈川県横浜市都筑区見花山2-5
電話番号: 045-949-4970
診療時間: 午前:9:00〜12:00、午後:16:00〜19:00
休診日: 月曜日、日曜日の午後、祝日