私たちが考える予防医療とは
防げる病気を防ぐこと、挑んで治すこと
あるいは受け止めて共に生きていくこと。
知って選択すること
その一歩を一緒に踏み出したいと思います。

当院では、健康診断として年に1度程度の血液検査や画像検査の実施を推奨しています。
動物は人よりも早く歳をとります。そして年齢を重ねるにつれ、病気にかかってしまう可能性も高くなっていきます。
健康診断を行い、健康な時の数値を把握しておくことで、変化を早く察知することができ病気の早期発見と、治療開始をスムーズに行うことができます。

血液検査

一般的な主要臓器の検査を行います。

尿検査・便検査

便の直接法や浮遊法、尿のスティック検査や沈渣染色を調べます。

レントゲン検査

胸部と腹部のレントゲン撮影を行います。

超音波検査

腹部の主要な臓器の検査を行います。

[ 健康診断プラン ]
プラチナコース
レントゲン検査
呼吸器疾患、骨格の異常などを発見
心・腹部エコー(超音波)検査
心疾患、腫瘍などを発見
血液検査
貧血、脱水、感染、炎症、
腎・肝臓疾患などを発見
尿検査
尿結石、膀胱炎、腎疾患など
便検査
消化器疾患、寄生虫など
甲状腺ホルモン
甲状腺疾患の疑い
検査費用
(通常)¥43,000(税込)
(早割)¥38,500(税込)
[ 健康診断プラン ]
ゴールドコース
レントゲン検査
呼吸器疾患、骨格の異常などを発見
心・腹部エコー(超音波)検査
心疾患、腫瘍などを発見
血液検査
貧血、脱水、感染、炎症、
腎・肝臓疾患などを発見
尿検査
尿結石、膀胱炎、腎疾患など
便検査
消化器疾患、寄生虫など


検査費用
(通常)¥39,000(税込)
(早割)¥35,000(税込)
[ 健康診断プラン ]
ノーマルコース
レントゲン検査
呼吸器疾患、骨格の異常などを発見
心・腹部エコー(超音波)検査
心疾患、腫瘍などを発見

検査費用
(通常)¥24,000(税込)
(早割)¥20,000(税込)
検査費用
心・腹部エコー検査のみ  ¥16,000
心臓エコー検査のみ    ¥  9,000
腹部エコー検査のみ    ¥  9,000
人を含めた全ての哺乳類に感染する狂犬病の予防接種です。
狂犬病予防法という法律で全ての91日齢以上の犬は
年1回の接種が義務付けられています。

致死率の高い病気や他のウイルスと混合感染することで
重い症状を呈する病気をワクチンで予防します。
危険な伝染病からペットを守るため、
毎年混合ワクチンの接種を行うことを強くお勧めします。

犬7種混合ワクチン
パルボウイルス感染症
ジステンパー
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス(2型)感染症
犬パラインフルエンザ
犬レプトスピラ症(2種類)
犬5種混合ワクチン
パルボウイルス感染症
ジステンパー
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス(2型)感染症
犬パラインフルエンザ
猫5種ワクチン
ウイルス性鼻気管炎
カリシウイルス感染症
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症
猫クラミジア感染症
猫3種ワクチン
ウイルス性鼻気管炎
カリシウイルス感染症
猫汎白血球減少症
蚊によって感染する、フィラリアという寄生虫を予防します。
フィラリアが寄生してしまうと心臓に負担がかかり、
最悪の場合は命を落としてしまうこともある病気です。
予防方法は、大きく分けて3種類あります。
錠剤タイプ

滴下タイプ

おやつタイプ
(チュアブル)
それぞれにメリットがありますので、
ワンちゃんに合わせたお薬を選びます。


ノミやマダニがつかないように予防することで、
それらを介して伝染する様々な伝染病や激しいかゆみを引き起こすノミアレルギーなどを予防することができます。
ノミやマダニのみを駆虫するタイプの他、フィラリア予防も同時に行えるタイプなどもあります。
また、近年はマダニから感染するSFTSという感染症が発生しています。
このSFTSは感染者393名中64名が死亡しています(致死率16%)。
とても怖い病気なので、年間を通じた対策を欠かさぬようお願いいたします。