狂犬病の予防接種は毎年4月から6月の間に受けましょう。

治療中の疾患がある方は獣医師と相談の上接種を猶予することがあります。

猶予の方も毎年猶予証明書の届け出が義務付けられていますので、はがきをもってお越しください。